新聞掲載事業

新聞コラムを使った啓発事業をおこなっています。

令和元・2年度人権啓発シリーズ新聞掲載

☆「令和元・2年度人権コラム集〜心呼吸〜」 (冊子)

令和元・2年度人権啓発シリーズ新聞掲載

【令和2年度】
・同和問題「なぜ部落差別は残るのか」角岡 伸彦
・犯罪被害者の人権「犯罪被害者の生活取り戻す」盒 敦子
・外国人の人権『「他・多」を受け入れる』ショーン バーゴイン
・子どもの人権『「子どもの人権」守るとは?』高祖 常子
・その他の人権「なくそう!職場のハラスメント」廣瀬 真理
・障害者の人権「ありのままの個性大切に」川村 郁子
・インターネットによる人権侵害「ネットいじめ巧妙・深刻化」竹内 和雄

【令和元年度】
・女性の人権「女性の人権 みんなのため」森田 美佐
・同和問題「ネット時代の部落差別」川口 泰司
・子どもの人権「こどもは人権の主体」睫 亜紀
・ハンセン病元患者等の人権「真に“人間回復”すべきは…」小川 秀幸
・性的指向・性自認『「LGBT」…自分のことを考える』南 和行
・外国人の人権「外国人とやさしい日本語で」東條 美紀
・高齢者の人権「高齢者守る社会づくりを」間 章

◎季刊誌「ここるんだより」Vol.9〜Vol.16に掲載した記事も収録しています。

平成30・令和元年度人権啓発シリーズ新聞掲載

☆「平成30・令和元年度人権啓発シリーズ集〜心呼吸〜」 (冊子)

平成30・令和元年度人権啓発シリーズ新聞掲載

【令和元年度】
・女性の人権「女性の人権 みんなのため」森田美佐
・同和問題「ネット時代の部落差別」川口泰司
・子どもの人権「こどもは人権の主体」睫邂ゝ
・ハンセン病元患者等の人権「真に”人間回復”すべきは…」小川秀幸
・性的指向・性自認『「LGBT」…自分のことを考える』南和行
・外国人の人権「外国人とやさしい日本語で」東條美紀
・高齢者の人権「高齢者守る社会づくりを」間章

【平成30年度】
・子どもの人権「”I am OK”という生き方」大崎博澄
・同和問題「『潜伏キリシタン』の里で」馬場周一郎
・災害と人権「災害対応 多様性を大切に」田村太郎
・性的指向・性自認「1つの個性として」大久保暁
・外国人の人権「日本人の『普通』ってなーに?」ジェフ・バーグランド
・障害者の人権「障害の受容とUD(ユニバーサルデザイン)」鈴木ひとみ
・インターネットによる人権侵害「ネットにあふれる差別」西内友人

◎季刊誌「ここるんだより」Vol.5〜Vol.12に掲載した記事も収録しています。

平成29・30年度人権啓発シリーズ新聞掲載

☆「平成29・30年度人権啓発シリーズ集〜心呼吸〜」 (冊子)

平成29・30年度人権啓発シリーズ新聞掲載

【平成30年度】
・子どもの人権「”I am OK”という生き方」大崎博澄
・同和問題「『潜伏キリシタン』の里で」馬場周一郎
・災害と人権「災害対応 多様性を大切に」田村太郎
・性的指向・性自認「1つの個性として」大久保暁
・外国人の人権「日本人の『普通』ってなーに?」ジェフ・バーグランド
・障害者の人権「障害の受容とUD(ユニバーサルデザイン)」鈴木ひとみ
・インターネットによる人権侵害「ネットにあふれる差別」西内友人

【平成29年度】
・障害者の人権「バリアバリューという考え方」垣内俊哉
・同和問題「人の世の熱と光を求めて」奥田均
・インターネットによる人権侵害「社会の常識、ネットの常識」佐藤佳弘
・高齢者の人権「台所は人生を変える」三谷英子
・性的少数者(LGBT)の人権「隣にいるLGBTと共に」山下敏雅
・子どもの人権「『隣る人』になれますか?」稲塚由美子
・女性の人権「もうセクハラなくそうよ」三木啓子

◎季刊誌「ここるんだより」Vol.1〜Vol.8に掲載した記事も収録しています。

平成28・29年度人権啓発シリーズ新聞掲載

☆「平成28・29年度人権啓発シリーズ集〜心呼吸〜」 (冊子)

平成28・29年度人権啓発シリーズ新聞掲載

【平成29年度】
・障害者の人権「バリアバリューという考え方」垣内俊哉
・同和問題「人の世の熱と光を求めて」奥田均
・インターネットによる人権侵害「社会の常識、ネットの常識」佐藤佳弘
・高齢者の人権「台所は人生を変える」三谷英子
・性的少数者(LGBT)の人権「隣にいるLGBTと共に」山下敏雅
・子どもの人権「『隣る人』になれますか?」稲塚由美子
・女性の人権「もうセクハラなくそうよ」三木啓子

【平成28年度】
・同和問題「筑豊『川筋気質』継承を」安蘇龍生
・インターネットによる人権侵害「子どもに迫るネットの闇」石川結貴
・災害と人権「災害にも強いまちづくり」山崎水紀夫
・高齢者の人権「認知症介護 家族の視点を」佐藤政子
・犯罪被害者等の人権「被害者に寄り添う」近藤御風
・外国人の人権「好奇心と寛容を持って」ピーター・フランクル
・ハンセン病元患者等の人権「宇宙が欲したから、ここにいる」ドリアン助川

※平成29年度第1回人権啓発研修ハートフルセミナー講演録も収録しています。
「なぜ私が?〜一生消えないネットの書き込み〜」 佐藤佳弘

平成27・28年度人権啓発シリーズ新聞掲載

☆「平成27・28年度人権啓発シリーズ集〜心呼吸〜」(冊子)

平成27・28年度人権啓発シリーズ新聞掲載

【平成28年度】
・同和問題「筑豊『川筋気質』継承を」安蘇龍生
・インターネットによる人権侵害「子どもに迫るネットの闇」石川結貴
・災害と人権「災害にも強いまちづくり」山崎水紀夫
・高齢者の人権「認知症介護 家族の視点を」佐藤政子
・犯罪被害者等の人権「被害者に寄り添う」近藤御風
・外国人の人権「好奇心と寛容を持って」ピーター・フランクル
・ハンセン病元患者等の人権「宇宙が欲したから、ここにいる」ドリアン助川


【平成27年度】
・子どもの人権「子育てに優しい社会を」 谷本恭子
・企業の社会的責任と人権「愛される会社目指し」 水尾順一
・HIV感染者の人権「病とともに生きる社会を」池上千寿子
・職親プロジェクト〜刑を終えて出所した人の人権〜「逃げない心を育てる」福田英夫
・外国人の人権「多文化共生社会 実現を」竹沢泰子
・職場のマタハラ〜女性の人権〜「相談しやすい環境を」小畑泰子
・インターネットと人権「進めようルールづくり」山中常嘉

平成26年度人権啓発シリーズ新聞掲載

☆「平成26年度人権啓発シリーズ集」(冊子)

・犯罪被害者の人権「心の豊かさで支援を」和田章・ネットと人権「相手思いやる想像力を」平石勝久・HIV感染者と就労支援「障害名を開示する意義」岩野友里・発達障害の凸凹『「できる」を生かせる社会に』広野ゆい・性的小数者の人権「働きやすい職場環境を」村木真紀・障害者の人権「共により豊かな人生を」山本和久・災害と人権「個人の命と暮らしに目を」浦野愛

平成25年度人権啓発シリーズ新聞掲載

☆「平成25年度人権啓発シリーズ集」(冊子)

・言葉への気づき「受け止め側が意味決める」桂七福・介護は双方向「その人らしさ 尊重を」小谷あゆみ・配偶者暴力の課題「加害者の規制と更生を」徳広信也・地域の中の高齢者「互いに関心持ち合う」小谷美和子・子どもの人権「『イツメン』と『ぼっち』」岩宮恵子・障害者の人権「はちきん母さんから学ぶ」藤澤功賀・ハンセン病回復者の人権「心の氷を溶かそう」大西雅人

平成24年度人権啓発シリーズ新聞掲載

☆「平成24年度人権啓発シリーズ集」」(冊子)

・被差別者のパートナー「心豊かな国民を目指して」栗原美和子・人間関係の極意「プラス側面を引き出す」浅田梢・いじめられた側は悪くない「いじめで受けた心の傷とその対処法」倉成央・障害者の人権「配慮に名を借りた差別」且田恭介・こどもの人権「あなたは大切な存在」杉本園子・女性の人権「配偶者暴力を考える」矢野川禎子・子どもの権利「『できないを言わない』」内田美智子

平成23年度人権啓発シリーズ新聞掲載

☆「平成23年度人権啓発シリーズ集」(冊子)

・同和問題「日本人の差別観」村崎太郎 ・子どもの自立「愛という名の侵害」菅原裕子 ・障害者と人権「ADHDをチャンスに」あーさ ・ココロと人権「自分のことが好きですか」比田井和孝 ・子どもの人権「貧困の中を生きる」中島香織 ・高齢者
の人権「ぼくの場合」やなせたかし ・義務教育と人権「教科書無償50年」村越良子

平成22年度人権啓発シリーズ新聞掲載

☆「平成22年度人権啓発シリーズ集」(冊子)

・同和問題「ケガレと差別」井沢元彦 ・組織の人間関係「『不機嫌な職場』なくそう」高橋克徳 ・障害者と人権「夢見る力を信じて」前川裕美 ・障害者と人権「自閉症者は法則がお好き」ニキ リンコ ・子どもの人権「小さな弱い人を守る」大崎博澄 ・障害者の人権「等身大の自分のままで」堀内佳 ・心の叫びを聴く「子どもたちの未来を救え」山崎正雄

HOME|企業・団体|人権相談|パネル利用|リンク|ここるんだより|個人情報保護ポリシー|お問合せ|もどる
公益財団法人高知県人権啓発センター
〒780-0870高知県高知市本町4丁目1番37号
TEL:088-821-4681FAX:088-821-4440


(12,394,701 - 64 - 754)
Copyright(C)2022Kochi Prefecture Human Rights Promotion CenterAll Rights Reserved.